妊婦さんの便秘 月別症状や原因

妊娠すると、便秘に悩む女性が増えてきます。

「今まで便秘ではなかったのに・・・」という人ほど、慣れない体調の変化で不安になりがち。

どうして妊娠によって便秘になってしまうのでしょう?

maemayu
maemayu
妊娠初期・中期・後期と分けて、その原因を探ってみました。

妊娠初期(1ヵ月~4ヵ月)の便秘

お腹に赤ちゃんがいる女性

妊娠初期に起こる便秘の原因は、妊娠によって起こる体の変化からくるものが多く、まず一番に上げられるのが、黄体ホルモンの分泌が大きく影響しているところ。

黄体ホルモンの分泌は、つわりの症状を起こします。

すると、これまでの食生活を続けることができずに、食生活自体が不安定になってしまいます。

また、妊娠に伴って起こる、眠気や疲労などによって意識しなくてもいつも以上に体を動かさなくなってしまうこともあります。

妊娠したけれど妊娠前と変わらない仕事量などによっておこるストレスなども、大きな原因となっているようです。

妊娠初期のつわりには、食べづわりといって常になにか口にしていないと気持ち悪くなってしまうタイプの人と、全く食べ物を受け付けることのできないタイプの人とがいます。

このつわりの症状によって、便秘を起こさないような食生活を考えることはもちろん、食事に対する意識もつわりが終わるまでの期間、全くこれまでとは違うものとなってしまうことも便秘の原因のひとつとなってしまうのです。

妊娠初期はこれまで定期的に運動をしていたという人や、歩く習慣のあった人でも慎重になる時期。

そのため運動不足になり便秘の症状を起こしてしまう人も多いようです。

妊娠初期は、まだまだ見た目には変化を感じない時期。

それでも胎児の成長と共に体の中では様々な変化が起こっています。

それに伴うホルモンバランスの変化、ストレスや緊張、今までと違って当たり前です。

妊娠中期(5ヵ月~7ヵ月)の便秘

妊娠中期、妊娠5ヶ月から7ヶ月は、妊娠期間中dで最も体調が安定している時期ということもあり安定期と言われています。

お腹の赤ちゃんの成長と共に、お腹が少しずつ膨らんでいく時期でもあります。

妊娠中期は、お腹が大きくなっていくので妊婦さんも妊娠していることを意識しすぎるあまりに、体をあまり動かさずに過ごす人も少なくないようです。

しかし、できれば刺激が少なく体に無理のないように、散歩などを取り入れ意識的に体を動かすようにすると、その後の妊娠後期がラクになるので運動不足にならないような生活を心がけることが大切です。

妊娠中期は体も心も安定している時期なので、便秘にならないような、妊娠中の自分に適した便秘解消方法を見つけておくと妊娠後期の便秘の悩みも軽くなり、過ごしやすくなるようです。

妊娠中期は、これまでのつわりから解放され体調的に落ち着いてくる頃です。

人によっては、つわりの症状がおさまらない人もいますが、自分のつわりの症状について理解できてくる頃なので、妊娠初期に比べるとラクになっている人が多い時期でもあります。

この時期には、できるだけバランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。

特に、食物繊維やビタミンなどを意識して摂るようにすると良いと言われています。

妊娠中期は安定しているとは言え、ホルモンバランスの影響によって気持ちがとても不安定な時があります。

そんな時は無理をせずに、好きなものを食べ快適に過ごすことも大切です。

しかし、食べる意欲や食事を作りたいという時には、便秘解消メニューを意識的に取り入れるなど、自分の心と体の状態を見ながら生活していくと良いですね。

妊娠後期(8ヵ月~10ヵ月)の便秘

妊娠後期、妊娠8ヶ月から10ヶ月の便秘の症状は、慢性化してしまう人も多く、これまで順調に便秘を解消したり、便秘の症状を起こさずにきたという妊婦さんも便秘になってしまう可能性が高い時期でもあります。

妊娠後期は、出産が近いという事もあり、お腹の赤ちゃんが動く胎動や、お腹の張りにも気を配らなければいけません。

そんな時期に腹痛があった場合は、出産が始まる腹痛なのか、便秘による腹痛なのかの判断が難しい場合もあるようです。

妊娠後期の便秘は、これまでの妊娠期間中の便秘とは少し原因が違います。

急激に成長した赤ちゃんによって腸が圧迫され起こる場合や運動不足によるもの、また鉄分不足による鉄剤服用などが原因になっていることもあります。

妊娠後期はお腹の赤ちゃんの胎動によって、人によっては手や足の形をお腹の上から確認することができるなど、お腹の中の赤ちゃんの存在をはっきり認識することができる時期。

赤ちゃんの健康や安全を優先に考え、ママ自身の便秘の症状を我慢しがちになってしまう場合が多いようです。

また、出産に対する不安や、長い妊娠期間中のストレスや疲労などが、さらに便秘の症状を悪化させてしまう場合も多いと言われています。

妊娠後期になってしまうと、便秘解消のための方法自体も限られてしまうため、便秘の症状を改善させずらい時期ともなってしまいます。

しかし、赤ちゃんが出産に向けて子宮口へ降りてくると、妊娠後期の腸が圧迫されることによっておこる便秘の症状は、改善しやすくなると言われています。

maemayu
maemayu
便秘が少し良いなと感じたら、出産が間近に迫っていると思っても良いのかもしれませんね。