妊婦さんの便秘解消 とりあえずやってみよう!

妊娠中は、便秘になりやすいものです。

実際に便秘の症状を起こしてしまった時には、お腹のハリや重苦しさだけでなく、腹痛や痔などの不快な症状へと発展してしまう場合があります。

便秘なので便を出せば、その症状は改善させることができるという事はわかってはいても、なかなか改善しない場合が多いですよね。

とりあえず、まずできることをやってみましょう!

まずは水分を多めにとろう!

妊娠中は、便秘しやすいものですが、妊娠中に便秘の症状を起こしてしまう最大の理由は、女性ホルモンの影響によるものだと言います。

妊娠すると女性の体は、黄体ホルモンと言われる女性ホルモンの分泌が多くなるんです。

黄体ホルモンは、大腸の蠕動運動を抑える働きを持っているため、黄体ホルモンを多く分泌する妊娠中には便秘の症状を引き起こしやすくするのです。

特にこの黄体ホルモンの作用が強く現れている時期は、妊娠4ヶ月位までの初期の段階。

つわりのひどい時期で、あまり食べないこともあり、余計に便秘を引き起こしやすくなります。

つわりは時期が過ぎるのを待つしかないので、その時期には水分をしっかり摂ること!

また、乳酸菌や食物繊維を含んでいる果物やヨーグルトなどの「食べて美味しい」と感じる口に合うものを摂るようにすると、便秘解消と共につわりを切り抜けることができます。

妊娠6ヶ月を迎える頃になると、黄体ホルモンの影響によるつわりの症状も落ち着き、お腹の赤ちゃんは成長し始め妊娠初期の頃とは違った便秘の症状を起こしてしまいます。

大きくなるお腹が、腸や血管を圧迫し、血液の循環が滞りがちになり便秘の症状を起こしてしまいます。

この頃になるとむくみの症状が出てくる妊婦さんも多く、むくまないようにと水分の補給を控える妊婦さんもいるようですが、塩分や糖分を多く含む飲み物ではなく、水やお茶など体に優しい水分の補給は怠らないように、しっかり水分を摂るようにしましょう。

適度な運動で便秘解消

妊娠中なので、激しい運動はよくありませんが、軽いウォーキングなどの有酸素運動や、マタニティービクスやマタニティースイミングなどの教室の通ってみるのも良いですね。

適度な運動は、全身の血液循環がよくなるため、腸の動きも活発になるため、便秘の解消につながると言われています。

また、適度な運動を心がけておくことで出産をスムーズに進めることができたり、ストレス解消になるなど、便秘解消はもちろんですが、さまざまな良い効果を得ることができるのでおすすめです。

妊婦の便秘に効果的な善玉菌の多い食べ物

BUMIPUTRAによるPixabayからの画像

善玉菌は、妊娠の有無に関わらず常に意識して増やすような食生活を心がけることが大切です。

特に妊娠中、便秘にならずに快適な妊婦生活を送ることができるように、善玉菌の多い食べ物を意識して摂るようにしたいものです。

妊婦の便秘に効果的な善玉菌の多い食べ物は、乳酸菌を多く含むもので、ヨーグルトやチーズ、漬物に味噌、納豆、キムチなどが代表的です。

これらの発酵食品には、乳酸菌が豊富に含まれていることと、乳酸菌は生きたままの状態で腸まで届きやすいことが最大の特徴です。

生きたまま乳酸菌が腸内に届くと、腸内環境自体が善玉菌を好む環境になり、その結果、善玉菌を増やしやすくなることにつながるのです。

乳酸菌の他にも善玉菌を増やすものとしては、ビフィズス菌が豊富なヨーグルトや、オリゴ糖、ビタミン類が豊富に含まれている果物も腸内環境を整え、善玉菌が増えやすい環境になっていきます。

妊婦の便秘に効果的で善玉菌を増やすという食品には、この他にもヌルヌルした食品、例えばオクラやこんにゃく、海藻にモロヘイヤなどがあります。

このようなぬめり感のある食品は、水溶性食物繊維を多く含むため、善玉菌を増やしながら同時に便秘を解消させる作用もあると言われています。

妊婦の便秘に効果的な食物繊維の多い食べ物

妊婦の便秘に効果的な食物繊維の多い食べ物と言えば、さつまいもやにんじんなどの野菜類や、納豆やこんにゃくにも食物繊維は多く含まれているのでお勧めです。

この他には、わかめやのり、ひじきなどの海藻類や、豆類、果物、きのこ類などにも豊富に食物繊維が含まれているので意識的に摂るようにすると良いようです。
(ひじきなどは水銀の問題もありますが、そればかり大量に食べなければOK)

多くの食材に食物繊維は含まれているので、何か一品を意識してというのではなく、バランスよく色々な食材を摂るようにすると良いようです。

苦しいほどの便秘は産婦人科に相談

苦しいほどの便秘は、かかりつけの産婦人科医に相談をして、妊娠中でも影響のない薬を処方してもらうようにすると良いようです。

便秘の症状を相談する妊婦さんは多いので、恥ずかしがらずに相談してくださいね。

便秘薬を処方してもらったら、用法や用量を必ず守って服用しましょう。